和牛の漫才が評価されない理由はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

和牛の漫才が評価されない理由はある?

私は和牛の漫才が大好きです。

M-1グランプリでは、いつも優勝するというところまではもう一息です。
結果は惜しくの2位という結果に終わりましたが今回も安定の漫才をみせてくれました。

和牛は魅力は安定感があるというところが何よりも高評価を得ているのではないかと思っています。

そんな和牛の漫才は世間ではどう評価されているか、気になったので、今回はそんな「和牛」の漫才のネタについて検証してみました

スポンサーリンク



和牛の漫才を評価

今の芸人さんは色々なパターンの芸人さんがいて、中にはそれは漫才と言えるのだろうか?と賛否両論になる様な芸人さんもいますが、和牛はTHE漫才という言葉がピッタリですよね。

和牛の漫才は、多くのお笑い芸人からの評価は高いのですが、意外と素人からの意見が分かれていて、個人による部分が大きいのかなと思います。。

しかしM-1グランプリの優勝者が必ずブレイクするわけでもありません。

高評価を得るに必要な要素には、単純な事では無くて本当に多くのことが複雑に絡み合っているため難しいのですが、素人や玄人に問わず、さらには全世代の高評価が大事になってくるんだと思います。

 

和牛の漫才の芸風

和牛はよしもとクリエイティブエージェンシー所属のコンビ芸人。

元料理人でありながらも、やたら潔癖症で神経質な性格で視聴者に不快なイメージを与える芸風が得意な水田さんと元ラグビー所属でありながらも結構軟派なイメージがあり、「もうええわぁ」のイントネーションが関西では好評な川西さんのコンビ芸人であり、M-1でなくても、多彩な番組に出演しておりました。

特に水田さんの料理才能は素晴らしく、料理番組バラエティ等で他の芸人で料理好きの芸人とセッションと組むなどしてもあるため、二刀流の活躍でも話題でした。

肝心の芸風は、おもに2パターンあるといっても過言ではなく、ボケである水田さんが癇にさわるキャラクターを演じつつ、川西さんが翻弄されるタイプのコントと、水田さんと川西さんが日常をテーマとし、品のあるコントの2パターンがメインとなっています。

 

スポンサーリンク



和牛の漫才 M-1のネタの感想

前半のコントは、とにかく水田さんがあまりにも細かくかつ、じれったい感じのキャラクターを演じつつ、手を出したいというキャラクターを延々と演じています。

ゾンビものもカメラを止めるなが流行った今年にかけているのかなと感じました。

水田さんの急にスイッチが入りゾンビになるところは川西さんの演技力は素晴らしいですよね。

もともと川西さんは女役をするのが非常にうまいんですけどゾンビ役は水田さんのほうがうまかったかなと思いました。

このキャラクターが逆に笑いのポイントであり、最後に川西さんが制裁を下すタイプと下さないタイプの2パターンがあり下すタイプの盛り上がりは会場が一つとなり、笑いが一気に上昇します。

2本目のネタも自分のなかではあ、和牛優勝かもしれないなと感じていました。

普段よく見るベースのコントでも、和牛テイストで仕上げており、なかなかない着眼点を踏まえつつ笑いに取り組まれています。

 

スポンサーリンク



笑いのポイント!?

オレオレ詐欺をテーマに漫才でしたが、ここでは和牛らしさ存分にでた漫才だったなと感じます。

水田さんが詰め寄り川西さんを追い詰める。

まさに理想的な和牛の漫才でした。川西さんの一言一言がツボでした。

例えば1本目の結び目どこー?やお前も噛まれてたんかあ、あという言い方は面白かったです。

なにより二本とも新作だということに驚きましたし尊敬しました。やっぱり優勝候補と言われながら一年頑張ってくるというのは本当に大変だと思います。

今回の漫才もこのタイプが用いられており、前半は相変わらずでしたが後半から急に巻き返し点数を稼ぐことができベスト3に残ることができました。

またこの二人には笑いのポイントとして、最初の30秒以内に如何に自分達が何を伝えたいかをテーマとしているため笑いに対しての評価は最高峰です。

今宵の審査員の上沼さんは二人を大変気に入っており、上方ならではのスタンスと相変わらずの前半のしっかりとした土台からの後半の巻き返しが好みであり、高評価をしています。

また、他の審査員も90点台で固めるなど非常に安定した内容となっており、笑いのツボを知っている芸人といえます。

 

1回戦の内容はゾンビをテーマとした漫才、2回戦目は母さん助けて詐欺(おれおれ詐欺)をテーマとした内容であり、普段よく見る設定でありながらも最後の盛り返しはさすがでした。

前回のM-1グランプリでおしくも2位となり、今宵はリベンジも兼ねてということでの参加でしたが結果は今年も2位となってしまうという非常に残念な結果になってしまいましたが、成績にこだわらず、これからもお茶の間を笑わせてほしいところです。

やはり和牛らしい漫才は水田さんの嫌味キャラだと思います。

本当に二人の漫才はどこか安心してみれるのがすごいです。

緊張とかはもちろんしていたのだとは思いますがそれを感じさせることのない落ち着きがとにかくすごいなと思います。

 

 

和牛の漫才が評価されない理由はある?まとめ

正直、和牛の漫才が評価されない理由はどこにも無いのではないでしょうか。

ラストイヤー組みやベテランがいる中和牛という一つのジャンルを展開して自分達のペースで自分達の空間でお客様を惹きつける力があり本当に面白かったなあと思います。

審査員の好みもありますが本当に全員和牛を選んでいてもおかしくなかったようなそんな僅差な戦いだったと思いますし和牛が見せる爆発的な展開漫才は誰にも真似できないところだと思います。

個人的にはウエディングプランナーのネタが最高なのでまだ見たことない人は見てほしいです。

10番目に登場ということで正直無理なんじゃないかなと感じていましたが、出てきた状態でしっかり二位に食い込むあたり素晴らしいです

1組前の霜降り明星が大爆笑をかっさらっていたので中々和牛でも厳しいと考えていましたが、いざ漫才が始まると前半はやはり和牛らしくヒヤヒヤさせる展開なのですが後半一気に畳み掛けてくるという感じでした。

シルバーコレクターと言われていますが3年連続準優勝は誰もしたことがありませんし本当に素晴らしい成績だと思います。

そして後一歩が今年も続いて。来年はどうなるのか本当に楽しみですし来年こそは優勝してほしいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*