NHKスペシャル 人体 再放送は? 第4集「腸が免疫の鍵だった 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

NHKスペシャル 人体 再放送は? 第4集「腸が免疫の鍵だった 」

1月14日放送のシリーズ「人体」。

体中の臓器がお互いに情報を交換することで私達の体は
成り立っている。そんな新しい「人体観」を、最先端の電子顕微鏡映像やコンピューターグラフィックスを駆使して伝えます。

今回の第4集のテーマは“腸”です。
毎日の食事から栄養や水分を大量に体に取り込む消化・吸収の要だが、じつは私たちを万病から守る全身の「免疫力」を司っていることが、最新研究から明らかになってきました。

なんと全身の7割もの免疫細胞が腸に集結し、いま話題の「腸内細菌」たちと不思議なメッセージをやりとりしているといいます。

ひとたび、腸での免疫のバランスが崩れ、免疫細胞が暴走を始めると大変なことに。
花粉や食べ物、自分の体の一部まで「敵」と誤って攻撃し、さまざまなアレルギーや免疫の病を引き起こしてしまいます。

どうすれば、腸内細菌が出す“メッセージ”を活用してこの暴走を抑え、アレルギーなどを根本解決できるのか。
最先端の顕微鏡映像や高品質のCGを駆使して、知られざる腸の力に迫る内容となっています。

どんな内容なのか本放送が放送されていませんので関連しそうな話題を少し調べてまとめて見ました。

また本放送後の再放送についても紹介します。

NHKスペシャル 人体 再放送は? 第4集「腸が免疫の鍵だった 」

インフルエンザに食中毒、アレルギー。解決策は”腸”にありました。

花粉症に食物アレルギー・・・現代人に広がる悩ましいアレルギーを根本解決するカギが、あなたの腸と無数の腸内細菌との間で交わされる“会話”にあることがわかってきました。

親から子へ受け継がれる「健やかな腸の会話」とは?


引用元https://www6.nhk.or.jp

胃で消化された食べものから、水分や栄養分を吸収し、最終的に不要なものを「うんち」として排出する臓器。
腸の内部には、食べものなどとともに外から入ってきた無数の細菌がすみ着いており、細菌同士、また細菌と腸の細胞との間で、さかんに情報交換が行われているといいます。

私たちのカラダは、口から胃・腸へと続くトンネルのような構造になっています。
そのため、腸には口を通じてカラダに入る食べ物のほかにも、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきます。
そうした病原体の侵入をくい止めるのも、腸の大切な役目。

つまり、腸は体内にありながらも、外界からの病原体の侵入をくい止める最大の免疫器官なのです。

そこで活躍するのが免疫細胞。免疫細胞全体のなんと7割が腸内に待機し侵入してくる敵と戦っています。だからこそ、腸の免疫細胞を活性化することが、免疫力を高めるポイントとなるのです。

“腸”すごい!マー君も鍛えている腸の意外な役割とは?

今回のゲストはマー君こと田中将太さん。
体はどこを鍛えてるいるかとの質問に「腸です」と回答。腸にチョー力を入れるそうです(笑)

「腸」といえば最近わだいになっている「腸内フローラ(腸内細菌)」

私たちの命のかかわる意外な役割があることがわかってきました。それは「免疫力」をコントロールするということです。

現代人の悩みでもある花粉症やぜんそく、アレルギーなどを抑える力を腸がうみだしているといいます。「腸」はまさに全身の免疫力の源というほど、今世紀で最もホットな研究テーマになっているそうです。

番組内でタモリさんが「腸さえあれば生きていけるんだね!?」と話してました。(笑)

「腸内フローラ(腸内細菌)」とは?

“腸内フローラ”とは、腸の中に住む細菌たちの生態系のことを言います。いま、最新の遺伝子解析技術によって、腸内細菌がもつ知られざるパワーが明らかになってきました。

腸内細菌と言えば、「善玉菌」「悪玉菌」という言葉が思い浮かぶかもしれませんが、腸の中には実に100兆匹以上、数百種類もの細菌が住んでいて、その細菌の出す物質が、私達の美容や健康に様々な影響を及ぼしていることが分かってきました。

がんや糖尿病などの病気から、肥満やお肌のシワなどの体質まで。
さらには、その影響は脳にまで及び、うつ病とも関係しているのではないかと考えられています。

 

【おすすめ「腸内フローラ」サプリ】

乳酸菌は年齢と共に減少しますので、『腸内フローラ』善玉菌・悪玉菌のバランスを保つのは年々難しくなってきます。とくに40歳は将来のリスクに備える年齢となってきます。
女神フローラは40代以降の方の不安を安全にサポートする強い味方です。

17種類・1.7兆個の乳酸菌サプリ【女神フローラ】の購入はコチラ

 

NHKスペシャル 人体 第4集 再放送は?

NHKスペシャル 人体 第4集の再放送は、まだ本編が放送されていませんので再放送の告知はありません。

初回放送は、2018年1月17日(日) 午後9時00分~9時49分 となっています。

そして再放送は2018年1月31日(水)午前0時10分~0時59分(30日深夜)となっています。

すでに放送は終了しています。公式ページでの再放送告知もありません。(2月17日時点)

放送を見逃がしてしまいそうな方や、前シリーズを見たい方は「NHKオンデマンド」という動画配信サービスがあります。

「NHKオンデマンド」とはNHKで放送されたドラマから、ドキュメンタリーや情報バラエティまで、様々な番組が楽しめるサービスです。

ですが、さらにお得に「NHKオンデマンド」を楽しめる動画配信サービスがあります。

それは、U-NEXT(ユーネクスト)動画配信サービスです。

U-NEXTで契約出来るNHKオンデマンド2つのお得な見放題パック

NHKオンデマンドが見放題で楽しめるお得なパックが、ポイント利用して購入できます。

NHKオンデマンドの見放題プラン

見逃し見放題パック:月額900円+税。見逃し配信(約2週間)。毎月500~600本が見放題。
特撰見放題パック:月額900円+税。過去に放送した番組を厳選。約5000本が見放題。

 

見逃し見放題パックは、放送終了から約2週間以内の番組しか視聴できませんが、最新ドラマや、バラエティ、ニュース番組とバリエーション豊富です。

特撰見放題パックは、過去に放送した作品のみとなりますが、NHKの人気番組が約5000本も見放題となります。

現在、第4集「腸が免疫の鍵だった 」は特選見放題パックで視聴可能となっています。

U-NEXTのNHKオンデマンド特集ページはコチラ ←

 
日常的にジャンル豊富に利用するなら、見逃し見放題パックですが、一気にドラマ等の動画をまとめて見たい場合は、特選見放題パックですね。
※NHKオンデマンド作品は、単品でもご利用になれます。

U-NEXTのNHKオンデマンド見放題パックは、連続テレビ小説や大河ドラマ、「ブラタモリ」などのドキュメンタリー番組、バラエティ番組、教養番組、ニュース番組も視聴できます。

 
なので私がお勧めする最大のメリットは
NHKオンデマンドとの直接契約では利用できない「テレビ画面での視聴」ができ、U-NEXTへの加入でもらえるポイントで見放題パックに加入できるため、毎月U-NEXTの月額料金(1,990円)だけでNHKの番組もその他の作品も楽しめます。
更に31日間無料トライアル実施中なのでタップリ無料視聴できるのもお勧めの理由です。
普段NHKを見ないあなたも、大河ドラマや連続テレビ小説のファンのあなたも、この機会に加入してみてはいかがでしょうか?

NHKスペシャルをU-NEXTで視聴する

—————————————————————————————————————————-
本ページの情報は2018年1月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。
—————————————————————————————————————————-
【関連記事】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。