ブラタモリ「#114箱根の温泉 」再放送は?箱根がNO.1温泉になった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

#114 箱根の温泉
~箱根はなぜ NO.1の温泉に登りつめた?~

10月6日放送のブラタモリは、なんと3回目の来訪!箱根です。

「箱根は、くまなくやったと思うんですよね。もう充分じゃない?」とタモリさんの一言から始まります。

箱根は今や年間2000万人が訪れる温泉地です。

でも江戸時代、箱根の温泉の評価はかなり低かったそうなんです。

そこから箱根がどうやって温泉ナンバー1の地位に登りつめたのかをタモリさんが解き明かします。

スポンサーリンク



ブラタモリ「#114箱根の温泉 」再放送は?

ブラタモリのブラブラ足跡マップ、#114箱根の温泉の分が更新されていました。再放送は未定のようですね。

ですが毎週火曜日深夜、再放送と案内されています。

予想ですが再放送は2018年10月23日(火)午後11時55分~ではないかと思われます。

再放送がだいぶ先になってしまうのと深夜の放送になってしまうので都合よく視聴できないかもしれません。

そんな時にはU-NEXTでの視聴をおすすめします

※「ブラタモリ」は放送日翌日から約1~2週間だけ、U-NEXTで配信されています。

U-NEXTではNHKで放送した番組をインターネットで見られる「NHKオンデマンド」の見逃し動画配信サービスを利用できます。

「NHKオンデマンド」とは

NHKで放送されたドラマから、ドキュメンタリーや情報バラエティまで、様々な番組が楽しめるサービスです。
2つのお得な見放題パック
NHKオンデマンドが見放題で楽しめる
お得なパックが、ポイント利用して購入できます。

NHK見逃し見放題パックNHK特選見放題パックはいずれもポイント 月額972円(税込)
見逃し番組は(放送から約2週間以内の番組)配信数 月々500~600本
特選見放題ライブラリー(過去に放送した番組)約5,000本
※NHKオンデマンド作品は、単品でもご利用になれます。

U-NEXTのNHKオンデマンド見放題パックは、連続テレビ小説や大河ドラマ、「NHKスペシャル」などのドキュメンタリー番組、バラエティ番組、教養番組、ニュース番組も視聴できます。

NHKオンデマンドとの直接契約では利用できない「テレビ画面での視聴」ができ、U-NEXTへの加入でもらえるポイントで見放題パックに加入できるため、毎月U-NEXTの月額料金(1,990円)だけでNHKの番組もその他の作品も楽しめます。

大河ドラマや連続テレビ小説のファン、普段映画をよく観るあなた、この機会に加入してみてはいかがでしょうか?

31日間無料トライアルの特典
1 見放題作品が31日間無料で視聴可能です! 
   一部最新作を含む、すべてのジャンルの見放題作品を無料で視聴可能です。 
   最新作はレンタル配信(個別課金)となります。 
    
2 600円分のポイントプレゼント! 
   DVD・ブルーレイよりも先行配信の最新作、放送中ドラマの視聴や 
   最新コミック・書籍の購入に使用可能です! 

3 追加料金なく、70誌以上の雑誌が読み放題! 

>>ブラタモリをU-NEXTで視聴する<<本ページに記載しているユーネクストの情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク



ブラタモリ「#114箱根の温泉 」箱根がNO.1温泉になった理由

今回の案内人は箱根を研究して35年以上になる歴史の専門家、鈴木康弘さんです。

タモリさんがまず向かったのは湯本の商店街。箱根の温泉の原点へ。

商店街に出発前に案内人に年間温泉入湯客数のクイズを出されます。

2位は北海道で328万人なのですが1位の箱根の年間温泉入湯客数は何人でしょうか?

箱根の年間温泉入湯客数は、なんと553万人!全国でダントツ1位ですが、江戸時代の番付では幕内の「前頭」でしかありませんでした。

まずは「箱根温泉発祥の地」へ!実は江戸時代まで箱根湯本の温泉街は今の箱根湯本駅から少し離れた所にありました。

そうすることによって箱根を一周ぐるっとできてしまうわけです。

箱根ゴールデンコースの完成になります。

箱根の温泉は、なぜNO.1に登りつめたんでしょう?タモリさんが箱根湯本や強羅の温泉街を登山電車やケーブルカーでめぐりながら、知られざる“箱根の一大開発計画”に迫ります。

奈良時代に発見され今も使用されている源泉。

それを管理しているのが江戸時代から続く箱根湯本の旅館です。

かつて箱根の旅館には「七湯の枝折(しおり)」という巻物が置かれていました。

①湯本、②塔ノ沢、③堂ヶ島、④宮ノ下、⑤底倉、⑥木賀、⑦芦之湯。

古くからある箱根の7つの温泉、それぞれのお風呂の入り方を書いたルールブックです。

タモリさんはその挿絵に興味津々!後に、この枝折が人々に意外な使い方をされるようになります。

その使用方法とは・・・?

続いて最新型の登山電車でタモリさんが向かったのは終着駅の「強羅」。

今では温泉地として有名ですが、もともとは箱根七湯にも入っていない巨石が転がる荒地でした。

そこを明治時代、最高級の高原リゾートとして開発する計画が持ち上がったんです。

別荘地のために登山電車をひき、日本初のフランス式庭園「強羅公園」を造りました。

強羅から見える「大文字焼き」も、今では当たり前の「温泉」も全て別荘のために用意されたものだったんです。

今回は特別に今も残るかつての別荘にお邪魔しました。

広さ600坪!高低差と巨石を利用した独特の佇まいにタモリさんも「素晴らしい!」を連発!

強羅の最高級高原リゾートのために用意されたものはもう1つあります。

実はそれこそが箱根がNO.1温泉になるための重要な役割を果たすことになるんです。

強羅からの急勾配を上るためケーブルカーに乗ったタモリさん。

そこで気づいたものとは・・・?

箱根の山に点在する温泉の多くは、川沿いの比較的なだらかな斜面。

なぜその場所ができたのか?

そして、かつて強羅の別荘地に温泉を用意したその方法とは!? 

 

スポンサーリンク



ブラタモリ「#114箱根の温泉 」箱根がNO.1温泉になった理由 まとめ

 

 

 

ブラタモリ 14 箱根 箱根関所 鹿児島 弘前 十和田湖・奥入瀬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。




コメントを残す

*