野村周平 ドラマ 出演したドクターXにはまだ出る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドクターX 第2話は、時事ネタ満載だった初回から一転。「ゆとりですが、何か?」と、宮藤官九郎脚本のドラマのタイトルを引用しながら、組織のことなど我関せず…、院長回診をすっぽかし、空いた時間にスマホでゲーム、サンドイッチに醤油をかけまくるなど、我が道を貫くゆとり世代の若手医師たちをフィーチャーしながら、その中の一人、伊東(野村周平)の母・不二子(中田喜子)が極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていた。そして伊東が実の母の手術の執刀医に指名されるが、ラスト間際で病院から離れる展開に。

第1話に続く驚きの展開にファンからは「野村周平もう出ないの?」などと驚愕する声がSNS驚愕する声がSNSで相次いでいました。

スポンサーリンク



【野村周平 ドクターX 米倉涼子と4年ぶりの共演だったのに!?】

今回のストーリーは野村周平さんにスポットが当てられたストーリーであったため、ラストの展開に視聴者にも衝撃が走ったようでした。

野村周平さんは、’13年に放送された連続ドラマ『35歳の高校生』以来、米倉涼子さんと4年ぶりの共演だったそうです。

野村と再会した米倉は「雰囲気がガラリと変わっていてビックリしました! 4年前の野村くんはワイワイ騒がず、静かにみんなを見ているような感じだったんです。でも、今回は自分から率先して明るく周囲と接していて! いろいろ経験して自信もついたんだろうなって、頼もしく思いました」と感無量の様子。一方、野村も「僕のことを覚えてくれてるかなぁ…と不安だったんですけど、ちゃんと覚えてくださっていて、すごく嬉しかったです。目の前で見る大門先生はやっぱりカッコいいし、本当に綺麗! 見とれてしまいました(笑)」と、新たなステージでの再会に心を躍らせています。
 この4年でさらに積み上げた経験と実力を存分にぶつけ合いながら、米倉と野村はどんな芝居合戦を展開してくれるのか!? 物語に新エッセンスをもたらす2人の掛け合いは必見です!
と、番組ホームページで紹介されていましたが新エッセンスをもたらす2人の掛け合いは2話で終了?

スポンサーリンク



【野村周平 ドクターXからいなくなる理由】

助手に大門(米倉涼子)を指名し、手術が開始。しかし、ここで母親の容態が悪化。手術途中に大門がかわりに手術をすることに。無理かと思われた状況でも、大門はいつもの「私、失敗しないんで」と決めセリフ。

そして手術後の記者会見で、伊東先生は…母親の手術は、極めて異例の手術だった。また伊東のような若い医者が行った実績は世界でもなく、その発表の記者会見になるはずだった。しかし、伊東先生はそこで「医者をやめます」と宣言。会場からでていってしまたのだ。大門先生のように、「私、失敗しないんで」といえるような医者にはなれない。だから医者をやめるということを選択したんです。

そして、ベーシストになるという…..。

スポンサーリンク



 【野村周平 ドクターXの今後の出演は?】

野村周平さんの今後の出演情報は残念ながらありませんでした。

それどころか番組ストーリーページではゲスト欄で紹介されていましたのでレギュラー出演ではなくゲスト出演だったのが判明してました。

石若手実力派の一人なので、今日は力を出していた感じで、ラストの大学病院側が若きスターの誕生という嘘の記者会見を開いた時に、大門美知子が殆どの手術をしたと真相をぶちまけて医者を辞めると言ってたのは格好良かったです。

野村周平演じる伊藤先生は最初に母親の胆嚢麦芽種の術式を提案した様に研究熱心で将来優秀な外科医に成長しそうなので、医者を辞めないで欲しいと思う。と役そのものに辞めないでほしいという声もありました。

主要キャストかとおもっていた野村周平さん。しかし、1話の大地真央さんに続き、実際にはゲスト出演だったという驚きがあります。

次回は誰がいなくなるのでしょうか?そして再出演はするのか?

今後の展開にも期待したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。