ミッドナイトジャーナル ドラマキャストやあらすじ。原作は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ミッドナイトジャーナル ドラマキャストやあらすじ。原作は?

2018年3月30日(金)夜9時テレビ東京 春の開局記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」が放送されます。

主演を務めるのは、俳優・竹野内豊さん。そして3年ぶりのドラマ出演となる上戸彩さんが決定しています。それによって、竹野内豊と上戸彩というめったに見られない豪華な2Sが実現します!

竹野内と上戸の共演は実に7年ぶりなんだそうです。

さらに意外なことに竹野内豊さんは、テレビ東京のドラマに出演するのは初めてなんだそうです。

そんなドラマ「ミッドナイトジャーナル」キャストやあらすじ、原作について紹介したいと思います。

スポンサーリンク



「ミッドナイト・ジャーナル」ドラマ あらすじ

「被害者の女児は死亡」――中央新聞の記者・関口豪太郎(竹野内豊)と藤瀬祐里(上戸彩)は、世間を震撼させた連続誘拐殺人事件で世紀の大誤報を打ち、豪太郎は支社に左遷され、祐里は遊軍にされてしまった。

凶悪事件から7年。

誤報の責任を負わされた豪太郎は、各地を転々としていた。今は須賀誠(升毅)らが在籍するさいたま支局で、「読者が望んでいるのは真実をより早く、正しく伝えること。それがジャーナルだ」という口癖で新人記者・岡田昇太(寛 一 郎)を叱責しながら、粛々と事件を追い続ける毎日だった。

そんな折、女児が誘拐される事件が2件発生する。岡田の調べで判明したある事実に、豪太郎は7年前の連続誘拐殺人事件との関連性を疑う。事件当時、豪太郎たちは「犯人2人説」を主張していた。「事件にはやはり共犯者がいて、7年前に逃げきった共犯者が、今回、再び事件を起こしているのではないだろうか・・・」。

事件は解決していない。

そう思った豪太郎は本社社会部部長となった元上司の外山義柾(木下ほうか)に連絡し、本社からさいたま支局への応援要請をするが、取り合ってもらえない。豪太郎の過去を知る本社の辻本剛志(徳重聡)、井上美沙(水沢エレナ)、加藤拓三(松尾諭)らも応援に行きたがらない。

手を挙げたのは遊軍記者となっていた祐里だけだった。 地道な取材を続ける豪太郎、岡田に祐里も合流。祐里は元東都新聞記者で、3年前に中央新聞へ転職した警察庁担当・二階堂實(小日向文世)に話を聞きに行く。だが7年前との関連性を否定されてしまう。

一方、豪太郎は情報を得るべく、埼玉県警管理官・山上光顕(松重豊)の自宅へ通いつめていた。その甲斐あって、足立区で第3の誘拐事件が起きたことを知る。 そして、本社社会部の外山や記者たちから目に見えない圧力を受ける祐里だったが、豪太郎の「スクープにこだわってるんじゃない、人の命にこだわってるんだ!」という言葉に引っ張られ、調査を続ける。

ネットニュースが蔓延する今、新聞記者としての誇りを胸に、事件記者たちが様々な障壁を乗り越え、7年越しの真実に近付いてゆく、新感覚のヒューマンサスペンス。
引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/midnight_journal

 

スポンサーリンク



「ミッドナイト・ジャーナル」 ドラマ キャスト

 

関口 豪太郎(竹野内 豊)

中央新聞・さいたま支局県警キャップ。
家族も子どもも失った「仕事命」の不器用な男
7年前の未解決連続誘拐殺人事件を追う。

 

藤瀬祐里(上戸彩)

中央新聞・本社社会部記者。
豪太郎に心を寄せ、共に連続誘拐殺人事件を追う。

 

岡田 昇太(寛 一 郎)

中央新聞・さいたま支局記者。
豪太郎と共に7年前の未解決連続誘拐殺人事件を追う新人記者。

 

辻本 剛志(徳重 聡)

中央新聞・本社社会部。
豪太郎の過去を知っている。

 

加藤 拓三(松尾 諭)

中央新聞・本社社会部。
豪太郎の過去を知っている。

 

清川 愛梨(水谷 果穂)

7年前の連続誘拐事件の被害者。

 

井上 美沙(水沢 エレナ)

中央新聞・本社社会部。
豪太郎の過去を知っている。

 

西野 佐恵(朝加 真由美)

豪太郎の義理の母。
豪太郎の娘を育てている。

 

須賀 誠(升 毅)

中央新聞・さいたま支局社会部デスク。
豪太郎の上司。

 

外山 義柾(木下 ほうか)

中央新聞・本社社会部部長。
豪太郎の元上司。

 

山上 光顕(松重 豊)

埼玉県警・管理官。
豪太郎が連続誘拐殺人事件の情報を得るため自宅に通う。

 

二階堂 實(小日向 文世)

元東都新聞記者。
現在は、中央新聞・本社警察庁担当。

 

 

スポンサーリンク



「ミッドナイト・ジャーナル」ドラマ 原作は?

原作は、本城雅人の『ミッドナイト・ジャーナル』。

本城雅人さんは、2009年『ノーバディノウズ』で第16回松本清張賞候補となり、サムライジャパン野球文学賞大賞を受賞。

本作『ミッドナイト・ジャーナル』は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品として話題を呼び、第38回吉川英治文学新人賞を受賞しました。

本城作品を映像化するのは、今作品が初めてとなるそうです。

原作小説の豪太郎は優秀な記者である一方、自分勝手でワンマンプレーの目立つクセの強いキャラクターでしたが、ドラマでは「使命感に燃える熱い記者」風に設定されています。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。